街コンの規模 って結局大人数・少人数どっちがいいの?

この記事の内容が役に立ったと思ったら、シェアしてね。


街コンの規模 は今となっては大小様々です。

数年前までは街全体や、数店舗に渡って、というように大規模開催のものが主流でした。
しかし最近では、それとは逆の小規模の「プチ」街コンも同等数行われるようになってきています。

今回は
「街コンに参加してみたいけど、どのくらいの規模のイベントがいいんだろう」
というお悩みに
それぞれのメリット・デメリットを比較してお答えしたいと思います。


どうせ行くなら自分に合ったスタイルの街コンに参加したいですよね♪


【大規模開催のメリットデメリット】

メリット

1.たくさんの出逢いがある

大規模イベントは50~100名以上の人数を募集しているイベントです。
もちろんその分たくさんの異性の方との出逢いが待っているわけですから、最大のメリットといえるでしょう。
少しでも出逢う人の数を増やしたいという方には向いていると思います。

2.友達と気軽に参加できる

「1人で参加は緊張してしまう」
「知らない同性に気を遣う余裕がない」
という方は、気の知れた友人とご一緒だと心に余裕が生まれますよね。
大規模イベントは男女共に2人組で参加される方も多いので、ご友人と参加されたい方には向いているかもしれません。

3.街コン初心者にも受け入れられやすい

人数が多い分、初参加の方々の参加率も高くなってきます。
「特にこだわりはないけど、一度街コンに参加してみたい…」と思っている方は、ここから街コン自体に慣れていくのもいいと思います。

◆デメリット◆

1.複数会場の場合移動が大変

会場が複数あると、自由に移動が可能な事もあります。
(イベントによっては、各店舗で区切る場合もありますが)
お相手との会話の他に「次の移動はどうしよう」という事をプラスして考えなければいけないという事ともいえます。
また、別店舗で区切られて開催している場合、実際に出逢う人数は小規模と同じ位の人数になってしまっている事も。

2.立食スタイルの難点

大人数のイベントは、会場の都合上立食スタイルが主流です。
特定の席がないのは楽かもしれませんが、お相手の場所に積極的に移動する行動力が必要です。
また、女性の方はこの日の為に少しオシャレをしてきますよね?
ヒールで長時間立っていると、最後の方は疲れ切ってしまいがち…会話も疎かになってしまう事も…


こうなると開催時間が長いのも考え物

3.会話を切り上げにくい

大人数での開催の場合、一度一斉アナウンスで移動を促した後の行動はお客様にお任せするというケースも多いです。
異性の方に話しかけられたのはいいけど、その人との会話の切り上げのタイミングが見つからず、長い時間あまり好みのタイプではない人と話さなければならない事も…
お目当ての方には自分から向かっていく姿勢が要求されます。

4.男女比の偏り

大人数でのイベントにありがちなのが、男性が6割以上を占めるという可能性です。
大人数を集客するために、仕方のない事ではありますが男性側としてはこれはいかがなものか…と思われる方も少なくないようですね。

 

☆大規模イベントまとめ☆
人数が多い分出逢いもたくさんあるが、自由度が高く自己判断力が必要


【小規模開催のメリットデメリット】

◆メリット◆

1.1人ずつとの会話の時間がきちんと取れる

小規模開催の場合は、ひとりひとりとお話しする時間だけの時間が設けられている事が最大のメリットです。
きちんとお話しできる分、帰宅後にLINEを見て
「誰が誰だかわからない」
という事が、小規模開催の街コンでは少ないです。
フィーリングだけではなく、相手としっかりお話しがしたいと思っている方は小規模がオススメかも。

2.着席式が多いので自分のスペースが確保される

小規模開催の場合、基本的に着席制のイベントが多いです。
立食のように立っていて疲れたり、クロークを使う必要もありません。
「自分の席はここ」という安心感もある為、その分会話に集中する事ができます。


落ち着いてお話しができるのが着席式の最大の利点ですね

3.ひとりで参加しやすい

着席制の場合、おひとり様同士をペアにして座らせてくれる傾向にあります。
お友達と一緒だと、恋愛モードに入れない人も少なくないはず。
そんな方は勇気をもっておひとりで参加してみてはいかがでしょうか。
ひとり参加者同士で仲良くなったり、同性のお友達との出会いもあるかも!?

◆デメリット◆

1.出会う異性の人数が少ない

これは絶対的な難点といえますが、絶対数の問題で出逢いの数は少なくなります。
その分たくさんお話しできるとはいえ、物足りなさを感じる方もいるかもしれません。

2.既定の時間までは同じ相手と時間を過ごす

これをデメリットと取るかはお客様次第だと思いますが
席替えの時間までは、同じお相手と会話をする必要があります。
めちゃくちゃタイプの人
あまり好みではない人
どちらのお相手とも同時間の会話が求められます。
早めに切り上げて次に行きたい!という方には立食フリースタイルのイベントが向いているかも。

3.ドタキャンによる男女比崩れの心配

主催者側は、男女比には細心の注意を払っております。
しかし現実問題として、お申込みいただいていたお客様がいらっしゃらないケースも多くあります。
大規模イベントのように絶対数が少ない分、男女比の差が出た場合に目立ってしまいます。

 

☆小規模イベントまとめ☆
ひとりひとりと会話の時間がきちんと設けられているが、出逢う人数は少なめ


色んな人と出会って自分好みの人を探したい。
ひとりひとりと落ち着いてじっくり会話をして自分に合う人を探したい。

参加する皆さんの、街コンに参加するスタンスによって選択肢が変わってくると思います。

どちらにもたくさんいい部分はありますので
街コン参加に迷っている方が少しでも参考にしながら
素敵な出逢いを見つけていただければと思います♡


皆様にステキな出会いがありますように


株式会社KOIKOIではたくさんのイベントを開催しております。
そちらもよろしくお願いします。

街コンを探す
街コンを探す

アニメコンを探す
アニメコンを探す

前のページに戻る

この記事の内容が役に立ったと思ったら、シェアしてね。